回想④放射線治療初診

【5月25日】放射線科診察       
       受付を済ますと5分位で呼ばれた。
       待合廊下には2人。閑散としている。ここが乳腺外科と違うところだ。
       乳腺外科は常時20~30人の人で熱気を帯びているもの。

       中に入り担当医師N先生と初挨拶
       ん?????
       後ろに学生らしき若者が3人。
       白衣は着ているものの靴はスニ-カ-
       そうだここは大学病院なのだった。
       後ろの学生は今日は放射線科のお勉強なのでしょう
       でもいささか少し飽きたという感じ。

       N先生、学生のことには触れず
       これからの治療の説明を始めた。
       まず治療の効果・局所治療として外科的手術と放射線治療がある。
       目に見えるがん細胞を手術で取り除き、目に見えない術側の散らばった
       小さながん細胞を照射で殺します。
       その後全身治療としてホルモン療法・化学療法で
       全身のがん細胞の再発を阻止します
       いずれも身体に毒を入れ癌を殺すので、副作用が出てくる場合がある
       そんな話だったと思います。 間違ってたらすみません。  

       放射線治療の副作用は
       照射部分が赤くただれ
       個人差があるが皮が剥けたり汁が出たりする。
       症状により飲み薬と塗り薬を出します。
       25回。5週間。50グレイ。土日を除き毎日通う。照射時間は2分弱。・・・・

       後ろの学生のためにわたしには理解不能な専門用語で
       延々説明。。。でも先生、後ろの学生さん達さっきからアクビしてますけど(怒)
       こっちは命懸けてるんですけど(心の中でつぶやいた)

       そして「それでは診せてください。」とN医師。

       ・・・・・・・・・・・えっ?えっ?えっ?       
       どこ見せるのこんなところでいくらお医者さんの卵とはいえ
       お腹?足?背中?
       いやだぁ~~~~~~~~(泣き)  
      
       だって今先生が≪診せて≫と言った途端に
       後ろの若者たち目がシャキ☆
       前傾姿勢になったよ。さっきまでアクビしてたくせに(涙)

       あんた達こんなおばさんの胸見たいの??
       あたしゃぁ~いやだよ。
       いくら年とっても女心はまだ残ってるもん。
       なんだか見世物になった気分だった。
       悲しかった。自分が女性であるからこそ感じる屈辱。
       
       学生の立会いを前もって承認させてくれていたら・・・・・
       医療に立ち会う学生は患者の不安な気持ちを認識し、
       もう少し真摯な姿勢で勉強していてくれたら・・・・
       こんな屈辱的な気持ちにはならなかったと思う。
       退屈な授業中に先生がおもしろいものを見せてくれた
       うまく表現できないがそんな感じだった(怒)
       
       この日の私は凄く嫌な顔をして内診を受けたと思う。
       それ以来N担当医の後ろに学生を見た事はない。


              
[PR]
by saki0729break7 | 2007-03-13 21:25 | 乳癌治療の日々
<< 保険金の使い道 わが愛車の事 >>