リュ-プリン注射の痕

ホルモン感受性の陽だった現在の私の治療は
昨年の放射線治療後に始めたホルモン治療。
12週に1回のリュ-プリン注射とソシゲ-ン(ノルバデックスの後進薬)1日2回の経口剤です。


リュ-プリン注射(LH・RHアゴニスト製剤)≪他にゾラテックス等≫
 ⇒卵巣から分泌される女性ホルモンの生産を阻止することによってがん細胞の増殖を抑える、閉経前の偽閉経にする治療薬。

ノルバデックス(クエン酸タモキシフェン)
≪ソシゲ-ン。他にタスオミン、スケリングなどの後進薬がある≫ ←クリックで前記事へ
 ⇒女性ホルモン(エストロゲン)の作用を抑えることにより、がん細胞の増殖を抑える薬。

2年経過をみて閉経確認後、アロマタ-ゼ阻害剤(閉経後のホルモン治療薬)に変更予定

私の買った本の中に、乳癌の再発予防については、閉経前のタモキシフェンより
閉経後のアロマタ-ゼ阻害剤のほうが効果がある。と記されています。

でも、いままで30日周期でほとんどずれることなく正確に来ていた生理がなくなってしまう。
これは女性としてとても寂しい。。。。と感じてしまう
まあ、自然閉経も秒読み段階にはいっていたのでそんなことで寂しく思うか??
っていうところなのですが・・・・(^ ^ゞ)

そんな私の心を読み取ってかどうか
わが主治医は
「sakiさんはもう年なんだから!」
・・・・わかってます(*へ*;)

「sakiさんの場合は、もう若くないから!」
・・・・そうですね!

「若く見えても、年だからね!生理は遅く始まり、早く終わるのがいいんですよ。」
・・・・若く見えないし。。。
そんなにいつも重ねて言わなくってもいいじゃない~~~(T □T)
ちゃんと自覚してますよ~~~~~!

わが主治医は優しいし、腕もいいと思う。
お風呂上りに10cmの傷痕を鏡に映すともうあまり目立たない。

だけど言葉はストレ-ト。(まあこれは有り難い)
難点なのは、患者が色々調べるのは好きじゃないかもオ-ラが。。。
めげずに質問して行こう^^


ところで、今回の注射の跡。。。紫に直径8cmに腫れあがり痛みもあります。
写真撮ったんだけどグロテスクなので載せるのやめました。
血管注射でもなく、皮下注射なのに。。。
いままではこんなになったことないからきっと先生の腕次第なんだね(><;)
皮下注射でこれだったら他の血管注射は?
回数重ねて上手になるまで、この若い先生に血管注射だけはしてもらいたくない。笑
何人もの先生に注射打ってもらったけど、やっぱり主治医が一番上手。
針が入ったかどうかも判らないくらい♪!



d0112010_10443362.jpgd0112010_1046798.jpg









友達に貰って14年植え替えもしないのに頑張ってるアザレア     先日アップした都忘れ。あれから背も高くなりました。
[PR]
by saki0729break7 | 2007-04-14 10:54 | 乳癌治療の日々
<< たまには弁当ネタです!(^.^) 今日は注射の日&絵門ゆう子さん... >>