原爆記念日&乳がん市民フォ-ラム

夏に咲く花夾竹桃
戦争受けたその日から
母と子供の願いを込めて
広島の野に咲いている

空に太陽が輝く限り叫ぼう我らで
戦争反対と


これは私が中学校2年生の夏休みに音楽の宿題でうたった歌
もう○十年も経っているので歌詞もさだかではないが
この時期になると必ず思い出し口ずさんでいるのだ

私は広島に生まれ育ち結婚するまで離れたことはなかった
私の小中学校では夏休みに必ず
原爆体験者が学校に来て
当時の悲惨な体験を話してくれる
語り部って言ったかな
いまでも鮮明に頭に焼き付いている話がある
それは中学一年の時のおじさんの話(当時60歳くらいの人だった)

ここに今書き始めたけれど
すみません
辛くて書けない。。。

毎年、いろんな語り部の方に話を聞いたが
皆さん最後にこう言って話が終わる
「これからだんだん、平和な時代に原爆や戦争の話は忘れられてくるでしょう
だけど、この地に生まれたあなた達は
せめてこの話を思い出し生きている限り
戦争の悲惨さを原爆の酷さを後世に伝えていって欲しい」

相手の国が悪いんじゃない
戦争を起こすことが悪いんだ
もう2度と繰り返してはいけない
勝った国も負けた国も当事者は皆被害者
忘れてはいけない

私の伯父は原爆で亡くなってる
元気で救助活動をしているところを助かった人が見たというのに
帰ってこなかった。。。

私は今ではすっかり関東に馴染み
広島の事はもう遠い思い出になってしまったけれども
8月6日のこの日だけは、必ず広島県人に戻り
娘達に伝えているの
昔この日に何があったか
そして、平和な時代を心から感謝し
同じ過ちが繰り返されないよう願うことを。。。




☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆。。。☆




さてちょっと逆になってしまいましたが
8月4日にかながわ乳がん市民フォ-ラムに行ってきました
詳しい事は皆さんのブログにアップされてますのでどうぞそちらを~♪
なんて手抜きでしょう笑

お会いできたブログ友達の皆さんは
kokoさん
maeさん(乳癌患者maeの前進あるのみ!!)
      わざわざ九州からいらしたの☆今頃は広島かな?お会いできて嬉しかったよ~♪
yattiさん(yattiの日記)
よつばさん(四つ葉のクロ-バ-探しの旅物語)
wakkoさん(アロマセラピストの乳がん治療日記)
yukiminさん(小春日和に・・・)
会場にて合流のナイトカオさん(ナイトカオの冒険(乳がん編))
第一部の休憩時間にお会いしたhimikoさん(はからずも乳がんと暮らしぬ)
です。


10時40分に桜木町駅で待ち合わせをして7人で
ぷかりさん橋の海に浮かぶレストラン「海鮮びすとろ ピア21」でセレブランチ
写真を撮るのを忘れてしまいました。

それからナイトカオちゃんが待つ会場へと

実は私、その前日も夜遊び飲み会で2連ちゃん組で(^m^)
勉強の最中にウトウトしてしまいました
こんなにありがたいフォ-ラムを開いてくださったのにすみません
来年は絶対ちゃんと眠らないで勉強いたします!!!

なので。。。。。。。
偏ったレポ致します(@_@。ユルシテ・・・ね☆

第一部  教育講演
「よくわかる乳がん最新情報」首藤明彦先生
「患者からみた病理診断の意味は?」梅村しのぶ先生


首藤先生はsaki地方のとっても近い病院の医長をされているという事
とても優しそうでゆっくりお話をされ
こんな先生が主治医なら話をじっくり聞いてもらえそうだな~って思いました

梅村先生はT大学医学部で病理の診断をされている先生
自らも乳がん患者であり、
病理のことだけでなく患者側から見た
心の動き医療に求める事などを話してくださいました
今病理診断の医師は日本にとても少ないのが現状ということ

私たちの治療はみな術後の病理に基づいて方向性も薬も決まってくる
とても重要だし、必要な医療です
先生ありがとうございます。
まして同じ思いをされている仲間であること
なんか嬉しかったな~(^▽^)//

ここで休憩。ロビ-でhimikoさんに会いました
とっても可愛らしい人☆
フクロウのお土産ありがとうございました(^_-)-☆



そして第二部(え!もう?)パネルディスカッション
パネリストは首藤先生、梅村先生、宮城悦子先生(産婦人科医)、原田知彦先生(薬剤師)、須藤郁子アロマセラピスト看護師さん、Hさん(体験者)、Tさん(体験者)でした。

体験者さんのホルモン治療による鬱からの立ち直り
今この場所で話ができるほど元気になられたことの喜び
他人事ではないよ~
そうです!私も一緒にがんばりますよ!
薬剤師さん、アロマセラピストの看護師さんからは
薬についての副作用やカウンセリングをされている現場の話が聞けました
こうして薬剤師さんが現場で色々なことを聞いてくださる病院があるなんて
知らなかった!
忙しい主治医に聞きいてもらいたいことがあっても
聞けないときこうして相談に乗ってもらえると嬉しいよね

婦人科の先生からは
乳がん罹患者の婦人科検診の重要さ
そして、昔は乳がん罹患者は子供を諦めるというガイドラインがあったけれど
今は主治医と相談して計画を立てることができるというような話がありました。


なんかほんとうにさらりと記事にしてしまいましたが
皆さん!他の方のところでしっかりお勉強してくださいね


帰りに貰ったパンフレットの中に
こういうものがありました

がん相談ホットライン(財 日本対がん協会無料電話相談)
TEL03-5218-4776
ホ-ムペ-ジhttp://www.jcancer.jp




それではこれから歯医者さんに行ってきま~す。


≪追記≫
今日のこの記事はどうしても原爆投下時間の8時15分にアップしたかったので
まだ書き終えていないときに出してしまいました。
その後、続けて何回かに分けて書き加え、歯医者さん10時30分の予約に化粧して
やっと間に合う時間9時40分に書き終えました。
最初の内しか見ておられなかった方、どうも済みませんでした^^;
よろしかったら後の記事も見てみてくださいね(^_-)-☆

[PR]
by saki0729break7 | 2007-08-06 08:15 | オフ会
<< 親不孝娘の親孝行☆ 長女の誕生日です♪ >>