不得意なもの(o´_`o)ハァ

昔話のたわ言なのでスルーしてくださ~い(*^_^*)


昔小さい頃よく父親が子供達三人にクイズのように問題を出してくれた。
5歳違いの兄と4歳違いの弟と皆年齢に関係なく対等にだれが一番最初にこの問題を解くか!
皆競って一生懸命考えて遊んだ。
問題はもう随分昔のことなので全く覚えてないけれど、たしか・・・
パチンコの玉が100個入ってる缶詰が10個ありました。その中に1個だけパチンコの玉が99個しか入ってないものがあります。その缶詰がどれか天秤を使って見つける
ただし色んな条件があったりしたような・・・
そんな問題ばっかりだった。
でも私たちはとっても楽しくて仕方がなかった。時には小学校1~2年生の弟が一番先に答えることがあった。その時私はいつも、この弟は将来天才になるかもしれないと思った。
けど彼は、中学校の時は数学の神様と言われたが今ではただの普通のおじさんになった笑
そんなわけで、私は今でもこの手の問題が大好き!
では最近夢中になった問題を少し~♪
興味の無い人はスルーしてね
問題★
[1199]この4個の数字を加減乗除して10にせよ。(分数式をつかってもいいよ)


問題★(これは電車の窓によく貼っている物を夫が覚えてきた)
時計が3時17分を指すとき長針と短針の間の角度は?


問題★9個の○に1~9までの数字を一回だけ使ってこの筆算を完成せよ
    ○○ 
   × ○
    ○○
   +○○ 
    ○○


でね(^_^.)
何度もよく書いてるけど私は国語が嫌い!社会も嫌い!
そりゃぁ受験の時だけ一生懸命に勉強したけど
今でも三女にはいつも馬鹿にされているのでございます(^_^.)
(あ!自分の名誉のために!数学は娘達が中三まで教えることができたのよ♪)



長女が小学校3年生の時国語のテストを持って帰って来た
100点満点!って喜んで見せてくれた
その問題はこういうものだった
「戦時中なっちゃんと言う5歳の女の子がいてこれからお父さんの出征の見送りに行く、という場面!なっちゃんは駅に行く途中で転んで膝に怪我するのね。でもお母さんに抱きかかえられながら、お父さんが汽車で出発するのを見送るの。その時なっちゃんは泣いちゃうの。
さて、なっちゃんは何故泣いたのでしょう?①さっき怪我したところが痛くなったから②お父さんが持ってるおにぎりが美味しそうで欲しかったから③お父さんとお別れするのが淋しかったから」
当然娘は③番に○をして正解だった。
だけど、私はそんなことなっちゃんに聞いてみなくちゃわかんないじゃない。
戦時中は食料だって無かったしおにぎり見たら欲しくなると思うし、
5歳の子供だもの怪我したら泣いちゃうよ!
そう考えたらやっぱり私って国語系の頭をしていないと思った笑

何年か前「壇○み」が対談でこんな事を話していた
「私は国語が大好きで特に作者はどう考えてこの本を書いたでしょう?というのを解くのが好きだったけど、今自分の本が教科書になり同じ問題が出されていたけど、私はこの本を書くとき何も考えていなかった」って^^;
妙に嬉しかった~~~♪
ほら!やっぱりそうでしょ!!!
ってね~^m^



それから英語も大嫌いだった!
中学校の時最初の英語の授業は定年間近の英語をあんまり知らない教頭先生だった。
当時塾というものが私の田舎にはなくて部活オンリーの私は解からない事を
理解する努力も何もしないでただただ英語の授業で順番に回ってくる先生の質問に
鳥肌立つほど恐怖を感じていました(><)
国語も社会も先生に当てられる事はなかったから。。。笑
あ~~~ごめんなさい!
今の子供達って偉いわ!
ちゃんと努力してるもの!
こんな母でごめんなさいっていう感じです☆

娘達は幸いにも特に英語は
とっても素晴らしく教え上手な塾の先生に恵まれて
実力以上にぐんぐんと伸びていく
というか大好きになっていくことが目に見えて分かった!
思い返してみると
娘達は尊敬できる先生に巡り会う度に
色んなことを学ばせてもらった。
家では教えることができない大きな力!
塾や学校や社会で揉まれながら知らないうちに大人になっていく
感謝です!


でもさ~~(^_^.)


私だって教え上手な塾の先生が当時英語を教えてくれていたら
絶対得意な科目になったと思うんだけどな(><)

たぶん。。。笑

今となれば何だって言えます笑
どこまでも他力本願な私でした(* ̄m ̄)
[PR]
by saki0729break7 | 2007-10-23 22:41 | 日常のあれこれ
<< お数珠草。o○☆ カリスマの手で変身~~~ヽ(^... >>