放射線科診察

d0112010_22374089.jpg

                キッチンにお花があると嬉しい~♪

今日は放射線科半年定期受診でした。
まず、地下1階で胸のレントゲンをとって、放射線科に持って行きます。
1週間前に同じ写真を1年半検診で撮ったばかりなのにな^^;
だけど、担当医毎だから仕方がないようですとの技師さんの話しでした。

撮った写真が出来るまで受付で待ってるんですが
数人分の写真を持って技師が名前を呼び始めたので
私のはあるかな~~~?と眺めていたら最後に呼ばれたの

1つだけすごい量の写真が入ってるなって思っていたら。。。それが私のでした。
他の人の分はぴらぴらの一枚だけど
私の袋にはびっしり20枚以上のこれまでの写真が入っていて
ずっしり重かった。
しかも、袋の表を見てみると「10月26日~、NO.2」と書いてあった。
私って。。。

私たちって。。。


いったい今まで
どれだけ被爆してきてんの~(T0T)



担当のN医師に聞いてみたら
「アメリカでは、日本のこのレントゲンの回数や放射線の回数が多いことが
発ガン原因のひとつになっているって言われたことがありましたが、
何の確証もありません。大丈夫でしょう。」
とのこと。。。

それって、発ガン原因のひとつではないことの確証もないのでは。。。???
と、心で呟いたのです。

今日はゆっくりいろんな聞きたい事を聞いてきました。
本当は主治医に聞きたかったんだけど
忙しそうだから、いつも聞けずに帰ってきてるの。

疑問①
腫瘍マーカーって個人差があって再発しても数値が上がらない人や
数値が高くても再発してない人がいる。
私がこの病気になった時、いえ見つかった時、腫瘍マーカーは高かったのだろうか?
もし、最初の検査の時腫瘍マーカーの数値が上がっていたとしたら
再発した時間は間違いなく数値が高くなるのではないだろうか?
そんな疑問がいつも頭の中をよぎる。。。
N医師の答えは
「殆どの人が、原発の時の最初の検査では
腫瘍マーカーの数値が上がる前に見つかることが多い。」
特にステージ2.3の人は腫瘍マーカーは基準値内の人が殆どだという事でした。

ちなみに私の術前のマーカー値は
2006年3月9日検査
CEA   0.2(0.0~5.0)
CA15   9(1.1~22.0)


今とあんまり変わらないのね^^;
この検査はやっぱり目安という事なのか?


疑問②
私には3人の娘がいる
女性のなかの20人に一人が乳癌になる確率がある。
これが、今の日本の統計から出た数字。
これも、病院に通っている人のみの数字だから
実際はもっと確率は高くなるという事ですが。。。

我家に女性は4人
20人に一人なら、同じ家族構成の、後4家族分私一人で引き受けられる♪
↑いったいどんな計算~~~~~ヽ(^o^)丿


でも、私にとっては深刻な問題
自分が再発するより
娘達が罹患するかもしれない恐怖の方が何十万倍も大きい
私の命と引き換えに娘達の変わらぬ健康が得られるなら
私は喜んで命を投げ出します。


そこで、聞いてみた
「私がこの病気になったという事で、
娘達もこの病気になりやすいという事があるのでしょうか?」

医師の答えは
「40代以降で発症したのであれば
まず、遺伝的要素は低いですよ。」


この一言、それこそなんの確証もない一言だけど、
ありがたい一言なのです。
N先生、今日も沢山教えていただいてありがとうございました☆



なんかちょっと安心して(単純~笑)
9時予約なのに10時には家に着いたので
まだ寝ていた3女を起こして
映画を見てきました♪

「アイ アム レジェンド」
ウィルスミスは好きなんだけど
内容は。。。まあ、好みの問題かな?


そういえば、N医師
「1ヶ月以内に胸のレントゲンを他の科で撮ったのがあれば
それを見るから再度撮らなくていいですよ~~!」
って言ってくれました(^^)v


《追記、備忘録として》
今日の会計 1260円

[PR]
by saki0729break7 | 2007-12-26 16:01 | 乳癌治療の日々
<< 新年のご挨拶\(*^▽^*)/... やったぞ!!!模様編み完成☆ >>