2007年 03月 23日 ( 1 )

たまたま・・・

昨日のこと。仕事を早退しホ-ムに入ってきた電車に乗った。
車内に乗客は数名。みんなばらばらに間隔を開けて座っていた。
電車は3分間停車して発車予定。。。ドアから一番近いところに座って発車を待っていたら
小さな震える声がどこかから聞こえてきた。。

「すみません・・・・。」

見回したらどうも目の前に座って目をつむっている方のようなので隣に行き声をかけたんです。すると彼女は「気分が悪く動けないので駅員さんを呼んでください。」と真っ青な顔をして。。。

すぐに電車からホ-ムにでて駅員さんの姿を探したけどだれも居ない。
こんな時どうしたらいいんだろう・・・・・あせっ!
気持ちだけが先行して身体は動かない。どっちにいけば駅員さんに会えるのぉ~~!!!
そうだ非常ベル!非常ベルを押せばいいんだよね。非常事態だもの。。。。
d0112010_22204863.jpg←そう気が付いて見つけたの
非常ベル。。。
だけど何処を押せばいいの???d0112010_22271713.jpg

上の黄色に赤いボタンは電車を止めるとき
何のカバ-もなくすぐ押せる状態


下の赤いボタンは非常時のとき
透明なカバ-を壊して押すようです 

これって非常時だから下のボタン?でもカバ-壊していいの?
わかんないよ~~~~(*□*;;)そうこうしているうちに発車のベルが鳴り始めた。
急がなきゃ!!彼女を乗せたまま発車して私はこのホ-ムに残ることになったら大変だ。
私はなにも壊さずに押せる上のボタンを押しました。
パ~パ~パ~パ~と緊急音が鳴るも誰も出てこない。最終車両の車掌さんが顔を出したので身体全体でアピ-ルするとやっと気が付いてマイクで駅員さんを呼んでくれ彼女は担架で運ばれていきました。

大丈夫だったかな。。。それにしてもあのボタンいったいどっちを押せばよかったんだろう 

今年に入って急病人に気が付くのはこれで2回目。
2月初め仕事場の警備のおじさんが食堂で休んでいた。休憩早番だった私はいつものようにトイレに行きお茶を入れてお弁当を食べようとしたの。ソファでおじさんはいつものように仮眠中。いつもなら声をかけないでそっと寝かせてあげるのだが、その日はおやつに美味しいお菓子を持ってきたのでおじさんに薦めたの。

正面から見たおじさんの顔はもうすでに生気はなく土気色。。。唇も首も頬も全部同じ色。
声をかけたけど微妙に震えるだけで反応がない!
直ぐに上司を呼んで状況説明した。しかし上司が駆けつけた時おじさんの意識が戻った。
最初は声もでなかったが「このまま休んでいれば大丈夫」と弱い声で話ができた。

とりあえずこのまま様子を見ましょうという事で上司は仕事に戻った。
だけどあの時の生きている気配のない顔を見たのは私だけ。。。尋常じゃなかったんだから。

いつも家族のことを楽しげに話すおじさん。料理のじょうずな奥様と親思いな息子さん、娘さん、休日は実家にきて3家族で過ごす。可愛い3人のお孫さん。身体ごとぶつかって遊ぶから疲れるんだよと嬉しそうに話してくれる。

こんなところで死なせちゃいけないよ。無事な身体で奥様のもとへお送りしなくちゃ!
だってあの顔見たのわたしだけなんだからぁ~。尋常じゃないんだよ~~~泣き

上司に無理を言って救急車を呼ばないなら今すぐ奥様を呼んでくださいと頼み、おじさんの意思に逆らって家族に電話してもらった。
すぐに奥様と息子さんが迎えに来て個人病院から大学病院へ救急車で運ばれたそうです。
病名は心筋梗塞4時間の大きな手術だったそうです。1ヵ月半入院され今は元気になられたと言う話。でももう仕事の復帰はできないそうだ。

2ヶ月の間に二人の病気の発作に遭遇した。
人の命って怖い。一瞬の判断でもう会えなくなってしまう人になる可能性だってある。
電車の彼女も担架には自分の力で乗り移ることすら出来ず、まるで棒のように動けない身体を6人の駅員さんに抱えられて担架に乗せられて運ばれた。
どうぞ無事お元気になられてくださいと祈る。
[PR]
by saki0729break7 | 2007-03-23 23:59 | 非日常