2007年 03月 29日 ( 1 )

娘へ

夜。布団に入ってしばらくすると次女が枕元にやってきた。

「お母さん。今までありがとう。
今、私はお母さんより大好きになった人ができました。
 彼と居る時が一番しあわせ。
 彼の為なら、自分が不得意な掃除だってなんだって努力していくことができる。
 こんなに愛する人と巡り会う事ができて良かった。
産んでくれてありがとう。」


って、後ろからそっと抱きついてきた。

これって結婚式の前日に言うものじゃないの~~~?
そんなに突然・・・(;へ;)

私は布団に入ったまま、それも娘に背中を向けたまま
「何言ってるのよ~今から!」
「もう寝なさい!」と言ってしまった~~~~~~。
あわてて娘の後ろ姿に向かって「よかったね。」って言えたけど。

あ~~もっと何かきちんと話を聞いてちゃんと母親らしく答えてあげられなかったものか。
私ってやつは!!!!



眠れない。。。


眠れない。。。



幼稚園年中の時、ひとつ違いのお姉ちゃんが男の子にからかわれたと
小さな枝を持って「お姉ちゃんをいじめるな!」と追いかけ
逆に追いかけられて泣きながら戻ってきた貴女。

誕生日プレゼントは5レンジャ-のマスクと剣が欲しいと言った貴女。

都会に住んでいるのに木に登って遊んでいる
と同級生のお母さんに微笑ましく報告してもらった貴女。

私はそんな貴女にいつも小言ばかり言ってきたね。
もっと女の子らしくしなさい!
ちょろちょろしないで落ち着いて静かにしなさい!!

自分とそっくりなのに。。。
だから欠点が目に付いた。

私が病気になった時、誰よりも傍にいて、仕事も有休とって
文句も言わず家の事すべてやってくれたよね。
気が付くとずいぶん女の子らしくなった。

○○くんと出会えてよかったね。
母として貴女に送る言葉があるとしたら
「自分が幸せになる為には、まず回りの人が幸せになる事。
自分よりまず回り。みんなに愛される女性になってね。」
そして・・・幸せになってね。

今度はちゃんと向き合ってこの言葉を伝えたい。
[PR]
by saki0729break7 | 2007-03-29 01:01 | 未分類