2007年 05月 29日 ( 1 )

一年検査一日目

d0112010_18343653.jpg

今日は朝から丸一日検査の日でした~~~(>▽<)

そこでこれまでの検査のまとめをしたいと思います。
【術前検査】H18.2.23 ・3.9 ・3.20
MRI・血液・尿・骨シンチ・呼吸器機能・CT

【手術】H18.4.6

【3ヶ月検査】H18.8.29
超音波(胸・腹)・血液・骨密度

【半年検査】H18.10.24
胸部X線撮影・超音波(胸・腹)・血液・骨シンチ・子宮がん検査

【9ヶ月検査】H19.2.13
超音波(胸・腹)・血液

【一年検査】H.19.5.29 ・6.20(予定)
胸部X線・マンモグラフィ・骨密度・血液・骨シンチ・超音波・CT・子宮がん検査

朝から病院に入って帰ったのは6時過ぎ。。。
その間、空いた時間にヤマ○電気でデジカメ購入♪
今度のオフ会に間に合いました(><)

マンモグラフィは2回目。前回は初診の時だったけど
手術側をはさむ時前より痛かった。
そして、骨シンチは一年前の時は感じなかった息苦しさと圧迫感。
同じ機械なのになんでかな~~~?

眼を瞑って楽しいことうを考えようとしても
なかなか集中することができない。
私って去年、何を考えていたのだろう・・・。

去年はまだ現実を受け入れることができず他人事。
そして、言葉は空元気で、態度も能天気に振舞っていた。
なんでも挑戦してやるぞ!ってひとつひとつの検査を楽しんで挑戦してたような気がする。

乳がんの事を調べるためのネットも開かず、本も買わず、立ち読みもしなかった。
ただただ身に起こってくる現実を見ようとせず消化するだけだった。

それがホルモン治療をきっかけに
毎日、不安と恐怖と孤独感に押しつぶされそうになった昨年後半。
どうしたらいいか分からず家族の前だけで毎日毎日泣いていた。

しかし、ちょっと前まで全然平気な顔をして明るく毎日を送っていたこの乳がん患者を見て、
すっかり安心しきっていた家族は急な私の変化に戸惑い、
なんで今頃?と言わんばかり
心配はずっとしてくれてはいたであろうが、もう大丈夫。この病人は強い。
何があってもこの人は死なない。。というくらい安心しきっていた。

皆さんに遅れること9ヶ月。
やっと自分の身に起きたこの厄介な病気を直視して
ネットと本とブログのお世話になりながらここまで来ました。

だから検査が怖くなったのだ。
検査の機械が怖いんじゃない。
その後の結果を聞くのがこわいんだ。
それが普通。当たり前。。。。。
そう思いながら目をしっかり閉じたまま30分機械の音を聞きながら耐えてきました。

主治医の書いた本のラベルの裏に
「恐○と戦う最大の武○は 正しい知識である。」
と書いてあった。

そうだ今度の診察の時、K主治医にこの言葉投げかけてみよう!
質問も聞きやすくなるよね~~~~~~♪
[PR]
by saki0729break7 | 2007-05-29 19:16 | 乳癌治療の日々